運命と宿命

運命と宿命は似て非なるものです。
宿命とは、生まれる前から決まっていて、変えようがないものを指します。
私が女性として生まれてきたこと、日本に生まれたこと、この時代に生まれてきたこと、
私の親の元に生まれてきたこと…等、これらの事は既に決められていて自分ではどうすることも
できないものです。


では、運命とはどういうものでしょうか。
運命は、そうなることは決まっている、しかし変わる可能性があるものを指します。
人は日々、無数の選択をしながら生きていると言えます。その選択の仕方によっては、
運命が変わる可能性があるということです。


私たちが生まれてきた日、その日には私たちがどのような一生を送れば良いかというメッセージが
沢山込められています。
宿命どおりに生きる事が一番良いとされていますが、宿命と全く同じように生きる事は
おそらく無理です。
通常、何を選択するかによって宿命とは多少違った道を辿りながら
人は生きていくことになります。これが運命です。

この、宿命と運命の間にできる振り幅のことを運勢といいます。
同じことをするのにも、向いている時や、向いていない時があります。
算命学では、そういった宿命や運命を深く掘り下げることで、
その人の運勢を知ることができるのです。